忍者ブログ
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[01/18 通りすがり]
[12/15 二十代]
[12/14 ひめれんぬ]
[12/13 三十代]
[12/02 孝彦]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ひめれん
性別:
女性
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ | [PR]
日常のことだったり趣味のことだったり。腐女子、BL、何それ?な方はリターン推奨。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



月曜のコナンを見ていて、食事中の石田ボイスは危険だと知った紫月です(盛大に米を噴いた)

今日は「君の」シリーズ終わってないくせに荒真です!!
昨日終電というものに初めて乗って、思いついたSSでございます。

あの、終電の電車内って、人がいないんですよ。いたとしてもまばら。
だから何か風景の闇の中の光の方が安心出来るんです。
電車の中の無機質な光とか、怖かったです・・・
でもポートアイランドって人多いですし、どうなんでしょ・・・?
都会ですしね。うちは田舎なので・・・まあ私の感じた終電のイメージ、です。

では、追いかける?からどうぞ!



昔も、こうやって2人で終電に乗った。

あの時はまだペルソナもシャドウも何も知らない、幸せな子供だった。

2人で窓の外を見て、かわりゆく闇と微かな光の動きを目で追った。




「・・・・おい、何ぼけっとしてんだ」

「あ、いや・・・昔も、この時間の電車に乗ったな、って」

「ああ・・・でも相当昔だろうが」


まだ残暑が残る9月下旬の電車内はクーラーがかかっていた。

終電で人がいないから電車内はいつもよりも冷え込んでいる。

ひんやりとした空気の中、真田は長くため息をついた。

それを、ちら、と見て、荒垣は視線をまた自分の足元に落とした。


「お前も俺も、ずっと窓の外を見ていたよな」

「覚えてねぇ」


多分本当は覚えている。そう思えた。

ただ、今は過去を思い出したくないだけだと。

あの頃の甘かった、世界の偽りの上に立って幸せそうな顔をする自分を。

もう、今は、そんな顔を出来ない。誰かに甘えられない。

偽りを知った、人殺しを知った、自分の甘さを知った、今。


電車のガタガタという音だけが沈黙の中に響く。

今いる車両に誰もいない。2人だけが、少し離れて座って、うつむいている。

2人とも、何を話そうなんてことは考えていなかった。

話すことなんて、ひとつくらいしか思いつかない、から。


真田は顔をあげて、首をひねり、窓から風景を見た。

夜闇の中で、光が流れていく。橙、黄色、色々な光が流れていく。

前見た風景と同じだ、と思う。

当然変わっているところはあるが、受ける感じはいつまでも一緒。


(あたたかい、な)


窓の外の光は、闇の中だからなのか、すごくあたたかく思えた。

ひんやりとした空気の中、こうこうと自分たちを照らす光は、こわい。

動かない光、永遠に自分たちを照らす光。


(永遠、というのは、こわいな)


ふと、思う。

人にとっても、動植物にとっても、全てのものにおいてありえないもの。

「ずっと」「永遠」、終わりが来ないものは、ありえないから、こわい。

そう、ありえない。


「・・・なんだぁ?人の顔をジロジロ見んじゃねぇよ」


荒垣はダルそうに真田の顔をかるくはたいた。


「シンジは、ずっと・・・・」

「あぁ?」


怪訝そうな荒垣の顔を振り切るように視線からはずした。

アナウンスが聞こえる。この駅で降りなければ。


「俺は行くところがある、先に寮に帰ってろ」


荒垣の言葉にうなずいて、真田は電車から降りる。

途端に身をつつんだ生暖かい空気は、冷えた体にここちよかった。


「ずっと・・・」


荒垣がうつむいているのを見つめる。少しも動かない。

無機質な光の中で、うつむき動かない荒垣を、冷たい箱が、連れ去ろうとする。


「ぁ・・・――――シンジ!」


何か不安になって、呼んだものの、発車ベルにかき消される。

そのままドアは閉まって、電車は荒垣をそのまま、連れて行った。


闇の中に消えていく電車を、真田は見つめた。

そして、黒よりもっと暗い、闇に塗りつぶされるように電車は消えた。



冷たい箱は規則正しく動き、動かない荒垣を無機質な光で照らしながら闇へ連れて行く。

まるで、温もりや、あたたかな光から遠ざけて、いくように。






もう止められないそれはまるで葬列の棺よ








(シンジがずっとそばにいるなんておもっていない)

(けれど、連れて行かないでほしかった)
PR


この記事にコメントする
HN:
TITLE:
COLOR:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS:
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:

Powered by 忍者ブログ  Design by まめの
Copyright c [ 女神症候群 ] All Rights Reserved.
http://seesawgoddes.blog.shinobi.jp/