忍者ブログ
カレンダー
05 2018/06 07
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[01/18 通りすがり]
[12/15 二十代]
[12/14 ひめれんぬ]
[12/13 三十代]
[12/02 孝彦]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ひめれん
性別:
女性
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ | [PR]
日常のことだったり趣味のことだったり。腐女子、BL、何それ?な方はリターン推奨。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



やってしまったリボーンSS!!ぎゃー
WJにはハマらない・・・っていうかSSは書かないと思ってたのに!!汗
本当創作活動するの小学校の時のミスフル以来ですよ・・・!
ちなみにミスフルでは芭屑好きでした。昔から大人カプ好きだったのか私。

というわけで本日はベルスクの甘々。本命はザンスクなのに!
面接の控え室で考えました。というわけで何かぐだぐだの駄文。。。
内容については・・・王子と姫、あとは色彩的美しさかな・・・。
・・・大層なこと言ってますが・・・期待はずれだったらごめんなさい^^;

最後、「知るか!」とツッコミしたくなるのは私だけでは無いはず・・・

では、追いかける?からどうぞ!




黒と白と原色しか色が無いような部屋に、拾ってきた薔薇を持ってくる。
赤、ピンク、オレンジ、黄色、白・・・そして鮮やかな緑が映える、薔薇。
ベルフェゴールはそれを透明な花瓶に、それはそれは優雅な手つきで挿していく。

普段は薔薇なんて絶対に生けない。というか薔薇を手に持つ機会がない。
今回は偶然薔薇が手に入ってしまったのだ。

(薔薇ほっぽりだして逃げることかよ・・・別に殺そうってわけじゃないっつの)

路地裏でのベルフェゴールの殺しを見た女は、薔薇を取り落とし、走った。
無残に落とされ、幾枚かは散ってしまった薔薇を、何となく見過ごせなかった。
ただ、それだけのことだ。

(ん、綺麗)

白いテーブルの上で咲き誇る色取り取りの花。
それぞれが個性を主張しあう様にまるでまとまりは無いが、それはそれで綺麗だ。

(何か俺たちみてぇ・・・赤が俺、血の色)

赤を手に取り、にぃ、と笑う。深紅の、血の色。

(ピンクがルッス・・・変態だから、黄色はレヴィ、目立つから・・・)

頬づえをついてちょいちょいと花びらをつつく。
実際の人物とは異なって、儚げな薔薇が揺れる。

(オレンジはガキっぽいし、あ、金の色か、マーモンで。)

マーモン+オレンジ=金、である。あの強欲はこうしてやろう。
そう思うとオレンジの薔薇を一輪、解体する。

(ボスは・・・・・・・やめよ、あの人に花は似合わない)

あの残酷で冷酷で、ふわふわ・・・・じゃない、無機質なボスに合う花。
そんなの造花でもありゃしないだろう、と考えて、気づく。
白色、あと一人が、残っている。別に忘れているわけじゃあない。

赤と白、並べて持って、その鮮やかさに、にぃと笑いがこぼれる。


(すっげー、お似合いじゃん)



想いを寄せる、俺の姫。何で姫かって、俺は王子だもん。
王子には、姫。当たり前でしょ?



「知るかよ・・・・そんなもん」

薔薇の話と添えて、そう言ってみるとスクアーロはため息をついた。
あげる、と薔薇を差し出すと、しぶしぶ受け取った。
銀の髪に白い薔薇。恐ろしいほどに綺麗で。



「ほら、姫、すげぇお似合いでしょ」



深紅の薔薇を手にとって、鏡の前に姫を連れて行く。
銀に白、金に赤。そして2人の服の黒色が、それをもっと際立たせる。
確かに・・・と小さく呟いた、姫君に、花瓶の薔薇を全部持っていく。





「はい、美しき・・・・俺の姫に。」





でもやっぱり赤が良かったかな。
だって、俺の姫だもん。俺色に染めるとか、よくない?
PR


この記事にコメントする
HN:
TITLE:
COLOR:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS:
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:

Powered by 忍者ブログ  Design by まめの
Copyright c [ 女神症候群 ] All Rights Reserved.
http://seesawgoddes.blog.shinobi.jp/